コンテンツ

外科治療についてご紹介

当院で行っている外科治療について

  • 一般的な外傷(切り傷、擦り傷など)
  • 整形外科的治療(骨折、脱臼、捻挫、打撲など)
  • 熱傷治療(熱湯や火などによる火傷)
  • 皮膚科的治療(おでき、イボ)

上記以外にも協力医療機関から術後経過フォローをさせていただいております。

熱傷治療

大小様々な火傷治療を行っております。熱湯や炎で火傷を負われた場合、患部を良く冷やし速やかに受診するようお願いいたします。
また化学薬品による火傷は傷口を水道水で十二分に洗い流し速やかに受診してください。

ご注意ください

傷口に市販の軟膏塗布や民間療法を行わないようにお願いいたします。物によっては傷口をより痛めてしまう可能性があるためです。

整形外科治療

捻挫、打撲、骨折等の治療を行っております。お怪我をされた際は、患部を良く冷やし速やかに受診してください。
骨のズレが大きい場合や集学的治療が必要な症例は専門医療機関にご紹介しております。

ご注意ください

皮膚に直接アイスノンなどの保冷剤を当てますと凍傷になる恐れがあります。
タオルなどの上から氷袋などを用いて冷やしてください。

一般外科治療

当院では主に一般外科治療を行っております。
一般外科というのは主に運動や仕事における怪我(切り傷etc)などの治療や、できものの切除や切開を行います。

ご注意ください

怪我をされ出血が続いているときは、傷口を水道水で洗い流したのち軟膏や消毒液を塗らず上から清潔なタオルなどで圧迫して速やかに受診してください。時間がたちますと傷口の組織が痛み回復が遅れることがあります。

また傷口より体に近いところを圧迫されますと出血を助長するのみならず患部の血行障害を招きかねませんので傷口だけを圧迫してください。